July 29, 2015[製品情報]
Limited Vintage 62 WHP Vintage Violin Finish

header.JPG

日本国内向けのリミテッドモデルとして、Vintage 62 World History Premium 3rd のスペシャルフィニッシュ「Vintage Violin Finish」があらためて国内入荷!

これまでに何度か企画されてきた同モデルー現行ヴァイオリンベースの最強ヴァージョン"Vintage 62 World History Premium 3rd"のスペックを基本仕様に、ヴァイオリンメーカーであるHofner社が脈々と続けているヴァイオリンフィニッシュを施したスペシャルヴァージョンとして国内限定で入荷。

top-&-back.jpg

エレクトリックマーケットでは、ヴァイオリンベースの存在で有名なHofner社は、クラシック楽器の世界では、125年以上の歴史を誇る世界的ヴァイオリン・チェロメーカーとして有数の老舗メーカー。

そのHofner社が長年にわたり育んできたヴァイオリンにおける塗装技術は、楽器のサウンド特性を決定する大切なファクターのひとつ。Shellac Varnishと呼ばれる天然成分を原料のひとつにしたフィニッシュは、繊細な響きやトーンが必要とされるクラシック楽器に最適なフィニッシュ。ゆえに、ヴァイオリンの製造概念で基本製作されたViolin Bassに施されたその塗装は、Violin Bass独特のクラシカルサウンドに絶妙にマッチし、更にノスタルジックでヴィンテージライクなトーンに進化させている。
木工楽器である事をダイレクトに感じさせる極薄のフィニッシュが、サウンドのポテンシャルにおいてもウッド特性をダイレクトに鳴らしきる楽器にブラッシュアップさせていて、ノーマルのヴァイオリンベース以上に倍音を豊かに含んだ密度の濃いヴァイオリンベース・サウンドに仕上がっている。スタイルやスケールの関係で、やや中音域に特性を感じさせるイメージのヴァイオリンベースですが、極薄フィニッシュのおかげで、タイトな低音からしっかりと鳴り、フラットワウンド特有の高音域ともバランスよくブレンドされたトーンは、立ち上がりの速さと粒立ちの良さを際立手せていて、アウトプットする前からベース自体で鳴っているサウンドが耳に飛び込んでくる、そんなレンジの広さすら感じさせる極上サウンドは圧巻。

4cut.jpg
専用ピックアップも含めて最強バージョンといえるWHPスペックを武器に、Vintage Violin Finish特有の、木材を感じさせるサンバーストの色合いと絶妙なバースト具合は、塗膜の薄さから感じ取れるヴィンテージな風合いと共に、熟練されたクラシカルな佇まいを纏った圧倒的な存在感を主張。

この魅惑的なVintage Violin Finishを体感できるWorld History Premiumは、日本からの特別オーダーで限定生産され、ノーマルのVintage 62 World History Premium同様に、Certificateカードとピックガードが付属。

certificate.jpg



※特殊なフィニッシュの特性上、新品の状態から塗装の木目引きやクラックキング、ケースへ反応などが発生しておりますが、Hofner社との確認の上、塗装本来の特性上避けられない症状として認識して国内検品を行っておりますので、予めご了承ください。